ゴハンとオヤツとオキナワ
毎日のゴハンと時々オヤツと沖縄生活。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切なさを噛締めて
2010年 02月 12日 (金) 07:30 | 編集
或る日

うちの会社は車で5分、歩いて15分程の距離なので
出来るだけ歩いていくようにしています。

その日は朝が曇りで雨が降りそうな降らなそうな曖昧なお天気。

傘を持っていくのを忘れてそのまま出勤し
案の定、帰りにはパラパラと小雨が。

しかし、「小雨だし家に着くまで15分ぐらいだから大丈夫でしょー」と
会社の置き傘を使わずにそのまま帰ったのが運の尽き。

本格的に降り出し、見事にどしゃぶり。

沖縄の人ってあまり傘ささないんです。
ちょっとの小雨だと平気で傘差さずに歩きます。
そういうアタシも勿論そう。
傘を差す行為があまり好きじゃない。
ナンだろうかね、あの感じは。

しかし、この日ばかりはこの県民性を呪いました。

何が哀しくって、大の大人がびしょ濡れであるかなーいかんのじゃ。
(って自分が悪いんですけどぉ。)

学校帰りにたむろしてると思われる男子中学生の団体には
変な目でみられるし。

少年よ。大人も色々あるのだよ。

家に帰ると誰も居ないし、寒いし、暗いし
切ない事この上ない。

嗚呼、県民性の哀しさよ。
27歳にしてやっとで学習しました。
雨を侮ってはいけません。





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ゴハンとオヤツとオキナワ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。